中古マンション購入でオーナー業【プロに任せる投資でらくらく】

不動産

3戸以上保有しよう

20万円の収入を得よう

不動産

中古ワンルームマンションで不動産投資をしようと考えているのであれば、都市部にある物件を少なくとも3戸保有するようにしましょう。3戸の中古ワンルームマンションを保有すれば、家賃収入が20万円前後となり、生活に余裕を持つことができます。しかも分散投資の効果がかなり効いてきます。1戸の中古ワンルームマンションだけで不動産投資をしていると、収入がゼロサムになってしまいます。つまり、借主がいれば家賃収入は発生するけれども、空室になってしまえば家賃収入がゼロになってしまうということです。これが2戸の中古ワンルームマンションを保有するようになれば、1戸が空室でも、もう1戸に入居者がいれば収入が途絶えることはありません。

早期に複数戸保有しよう

中古ワンルームマンションで不動産投資をする際には、1戸しか物件を保有していないという状況をいかに早く脱出するかといったことが大きなポイントとなります。不動産投資での資産運用を諦めてしまう人は、多くの場合、この空室が原因です。不動産投資を始める際には、できれば2戸の中古ワンルームマンションをまとめて購入することが理想ですが、ローンを組んでも1戸しか買うことができない場合には、繰上げ返済を積極的に行っていって、早めに2戸の中古ワンルームマンションを保有する形を取りましょう。2戸目が購入できれば、3戸目以降は比較的スムーズに手に入れることができます。目標を明確に定めて、早期に安定した収入を確保することを目指しましょう。

Copyright©2015 中古マンション購入でオーナー業【プロに任せる投資でらくらく】 All Rights Reserved.