散骨して自然に還そう[散骨にも様々な種類がある]

散骨して自然に還そう[散骨にも様々な種類がある]

葬儀

海洋葬

海に散骨するという散骨葬として最もポピュラーな方法です。神奈川には海洋葬をしてくれる業者が存在しますので、海に散骨したい方はこのような専門業者へ依頼するとよいでしょう。海洋葬では業者に依頼して船をチャーターしてもらい散骨する方法と、複数組で船に乗り込み合同で散骨する方法が一般的です。

山岳葬

文字通り山に散骨する葬儀です。山岳葬を行う際は事前に許可を貰う必要がありますので注意しましょう。大体の費用相場は25万円前後ですが、遺族立ち会いの場合は追加料金がかかります。なお山岳葬をする場合は別の場所から花などを持ち込まないようにしましょう。山の生態系が乱れる可能性があります。花の代わりに水をまくと良いと思います。

樹木葬

予め許可を得ている場所の土に遺骨を埋めて、その埋めた箇所に樹木を植える葬儀です。桜の木を植える樹木葬が人気の傾向にあります。費用の相場として55万円前後と言われています。

宇宙葬

遺骨をカプセルに入れて、そのカプセルを宇宙ロケットに載せて宇宙に散骨する方法です。散骨が終わった後証明書が発行されます。費用はプランによって変動しますが、大体150万円前後かかります。

海での散骨の流れ

業者探し

まずは船をチャーターしてくれる業者を探しましょう。川口周辺には散骨葬に対応している業者が数多くありますので、インターネットで検索したらすぐに見つかると思います。

連絡

業者が見つかりましたら、電話やサイトのメールフォームから問い合わせましょう。早く散骨したい場合は電話のほうがよいと思います。メールで問い合わせる場合は、業者からの返信が届くようにメール設定は事前にしておいてください。

契約

業者側から当日どのように散骨するのかなどについての説明がされます。疑問に思ったことはすぐに質問するようにしましょう。納得したうえで契約を交わすのが大切です。

日にちを決める

契約を交わしましたら、散骨の日取りを決めます。散骨するのに都合が良い日時を伝えましょう。なお遺骨は粉状にして散骨する必要があるため、事前に業者へ遺骨を渡すようにしましょう。

散骨

散骨当日は予定時間に指定場所に集まりましょう。船の上は滑りやすいので、滑りにくい靴を履くようにしてください。また防寒対策として暖かい服装にしましょう。散骨ポイントにつきましたら、遺骨を海に撒きます。故人との最後のお別れをしましょう。全てが完了しましたら帰航します。

広告募集中