どこに依頼すればいいか分からない

世田谷エリアの世帯に対応している葬儀社は多いためどこの葬儀社にしようか迷う方もいらっしゃることでしょう。そのような方のために葬儀社を選ぶ時の着目するポイントを記載しました。

葬儀社の探し方のコツ

no.1

ゆっくりと選択させてくれるか

葬儀を執り行うからにはトラブル無く終わりたいものです。そのためにはプランや費用のなど様々なことについて検討するのが一番重要です。じっくりと考える時間を与えてくれる葬儀社であれば安心して任せることができるでしょう。

no.2

複数の葬儀社を比較

1位に次いで大事なのが、色んな葬儀社を比べることです。葬儀社ごとに良いところと悪いところがあります。そのためたくさんの葬儀社の情報を集めて見比べることで、どこの葬儀社が適しているのか分かるでしょう。

no.3

対応が迅速か

対応が遅いと葬儀当日に何らかのトラブルが発生する可能性があります。対応が早い葬儀社か見極めるために資料請求してみましょう。資料請求の対応が早い葬儀社は信頼できます。

no.4

料金の内訳が分かりやすいか

ホームページや資料には料金プランが記載されています。この料金にはどのようなものが含まれているのか必ずチェックしてください。内訳が詳細に記載されていないと、葬儀で必要なものが出てきてオプションをつけるはめになり追加料金を支払う必要が出てくる恐れがあります。そのため内訳が明確化されている業者を選ぶようにしてください。

no.5

実績を確認する

具体的にどのような葬儀にしようか決まっていないケースもあると思います。過去にどのような葬儀を執り行ってきたか知ることができれば、執り行いたい葬儀プランが明確になるのでとても助かるでしょう。

葬儀を執り行うのであれば葬儀内容を明確化しよう

花

一般葬

会葬者を限定せずに、故人やご遺族と関わりのあった方に知らせ参列していただくという、古くから執り行ってきた葬儀です。会葬者を限定しないため、後で「最後のお別れをしたかった」など人間関係のトラブルが起きないという利点があります。

家族葬

ご遺族や親戚のみなど、会葬者を少人数に限定する葬儀です。会葬者が少人数に限定しますので、ご遺族の方の負担を軽減することができ、ゆっくりと故人と最後の時を過ごすことができるのがメリットとなります。なお近年埼玉県などの首都圏の葬儀は家族葬が大部分を占めています。

一般的な葬儀の流れ

事前準備

葬儀をつつがなく執り行うために葬儀社と打ち合わせをします。喪主を決めたり葬儀のスケジュールを決めたりなどしますので、後でトラブルにならないよう入念に打ち合わせしましょう。

お通夜

故人と最後の夜を過ごします。お通夜ではろうそくや線香の火を常にともし続けないといけません。また僧侶の読経が終わった後に通夜振る舞いをする必要があります。

告別式

会葬者が故人と最後のお別れをするまてに焼香をする儀式です。喪主からの挨拶や弔電を読み上げることになります。告別式が終わると出棺です。

火葬

火葬場へいき火葬をします。火葬許可証がないと火葬することができませんので忘れずに持っていくようにしましょう。火葬が完了しましたら骨上げをします。

法要

故人が亡くなってから七日目に初七日の法要を執り行います。そして七日ごとに法要を実施することになり、四十九日後にお墓へ納骨します。

葬儀後もやることがある

葬儀が終わった後、遺産相続や遺品整理、税金関係などやるべきことが山ほどあります。忘れてしまうといけないので、やるべきことをリスト化するとよいでしょう。

広告募集中